記事一覧

セミリタイアするなら国民年金の前納がおトク!? ~費用はまとめて年内に~

ほとんどの人はセミリタイアすると今年の収入より来年の収入の方が少なくなるだろう。いわゆる派遣切りだったり、世帯年収が少ない場合は国民年金の免除も受けられる。だが自分の場合はiDeCoに加入しているので国民年金に再加入することになる。もちろん掛金は全額社会保険料控除の対象だ。ちなみに国民年金には前納制度があり、今なら後期(10月~3月分)の前納が申し込める(8月31日まで)。半年分の前納だと割引率はごく僅かだ...

続きを読む

確定申告に備えてマイナンバーカードを作ってみた

来年からバリバリ確定申告(主に還付申告)する予定のsnufkinです、こんにちは。今年から確定申告する際に「マイナンバーの記載」+「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要となった。(参考)重要なお知らせ[申告手続きには]通知カードの場合は免許証等の本人確認書類が必要なんだよね。マイナンバーカードがあればこれ一枚でOK。このカードには賛否両論があるが面倒なので作ってみることにした。当面の間、初回発行手数料が...

続きを読む

日本株配当の税金を約1/10にする裏技 ~マイクロ投資家への道~

アオり気味のタイトルで申し訳ない(笑)まぁ、実は裏技でもなんでもなく、もちろん合法なので安心してほしい。ではどうぞ【条件】・課税所得が195万以下(給与所得者だと大体年収400万くらいまで。給与所得控除万歳!)・配当が日本株によるもの(日本株に投資する投資信託の分配金を含む)【注意点】配当金生活などで源泉徴収で済ませている人は国保の保険料があがる可能性あり【方法】配当を総合課税で確定申告する、以上!(参...

続きを読む

ゲストハウスオーナー向けの節約・節税術

ゲストハウスオーナー向けと銘打っているが、その他の個人事業主にも使える技をいくつか紹介したい。先日行きつけのゲストハウスで「オトクな旅行術」で講座を開いてほしいと依頼されたが、ポイントサイト等での還元率縮小により大した話ができなくなってしまった。その代わりというわけではないが、節税術などを教えてあげたら大層感謝された。(自分では当たり前と思っている知識でも知らない人にとってはお宝になりうるのかもし...

続きを読む

はじめようか、確定申告

今年もこの時期がやってきた。例年、主に配当の源泉所得税の還付を受けるために行っている。雀の涙ほどの外国税額控除も去年に比べて、大幅に増加。(参考)外国株式の配当所得個人でこの控除を申告する人はほとんどいないと思うが、これから米国株の配当はドンドン増やしていくつもりなので、NISA後を見据えて忘れずにやっておきたい。ちなみに爆買い中のSPDR S&P500 ETF (1557)も外国税額控除の対象。慣れればどうってことはない...

続きを読む

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

ひふみ投信
ひふみ投信
日本株投信の双璧!アクティブファンド屈指のローコストとハイパフォーマンス

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム