記事一覧

私の投資遍歴(外国債券インデックスファンド編)

外国株式に続き、今度は外国債券インデックスファンド編だ。
参考:私の投資遍歴(外国株式インデックスファンド編)

中央三井外国債券インデックスファンド(現:外国債券インデックスファンド)
信託報酬:0.756%
信託財産留保額:0.1%
(コメント)
当初は日本株2、外国株1、外国債券2の割合で積み立てていたため、今でも結構な残高がある。手放して、バランス型に乗り換えたいが、結構な含み益があるため、逆塩漬け中。
たぶん一番長く保有しているファンドだと思う。

年金積立インデックスF海外債券(現:インデックスF海外債券(ヘッジなし)1年決算型)
信託報酬:0.7236%
信託財産留保額:0.2%
(コメント)
名前からすると、以前はDC専用だったようだが、それが一般開放されたもののようだ。しかしながら、今見るとそれほど魅力的な低コストでもない。

STAMグローバル債券インデックス(現:SMTグローバル債券インデックス)
信託報酬:0.672%(現:0.54%)
信託財産留保額:0.05%
(コメント)
2度の信託報酬引き下げは好感が持てる。留保額が低めなのも○

eMAXIS 先進国債券インデックス
信託報酬:0.648%
信託財産留保額:0%
(コメント)
乗り換えた当時はSTAMよりも低コストだったが、SMTの信託報酬引き下げにより、再び逆転されてしまった。でも、信託留保額がゼロなのは◎

外国株式に比べると、それほど多くの遍歴はない。ちなみに乗り換えといっても積み立て先の変更で対応しているので、どのファンドもまだ保有中である。
また、eMAXISからSMTへの「出戻り」もしていない。なぜなら、外国債券というセクターに疑問を持ち始め、単品での購入はやめてしまったからだ。(バランスファンドでは間接的に投資しているが)

今後は株式と国内債券(個人向け国債)だけでいいかなとも思い始めている。
目標とするアセットアロケーションの変更を決めたら、また報告するが、
具体的には株式6:国内債券4で、株式は日本株1、先進国株7、新興国株2くらいを考えている。
全体で見ると、
日本株:6%
先進国株:42%
新興国株:12%
国内債券:40%

といったところだろうか。
ちなみに撤退はしないが、REITへの新規拠出も停止している。
(先進国株の中に上場しているREITが既に入っていることも理由のひとつ)
関連記事

コメント

1. 無題

基本的には、個人のリスク許容度に応じてリスク資産と元本割れしない資産との割合を決めて、リスク資産の中身は株式を時価総額比率で持つのが一番シンプルだと思ってます。
私も最初は教科書的に外国債券やREITも入れてましたが、早々に撤退しました(笑)
やはり自分が納得できるものだけを持ちたいですね(・∀・)

2. Re:無題

>うさちびさん
やっぱり投資もシンプルなのが一番ですね。
乗り換えの歴史なので、いろいろ保有しているのは正直「美しくない」です(笑)
投信も断舎利したいと思っています。

コメントありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、ニートときどき派遣。
40代前半のしがない派遣社員。

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo
業界最低水準のコストを常に目指すeMAIXS SlimシリーズはiDeCoにピッタリ!


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


海外旅行傷害保険も充実のエポスカード。しかもうれしい年会費無料!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム