記事一覧

401k、NISA、特定口座の使い分け

各口座内それぞれではなく、資産全体での配分を考えたい

401k(確定拠出年金)
・どうせ60歳になるまでおろせないのだから、思いっきりリスクを取る
・長期的に見れば、最も高いリターンを期待できるのが株式
・外国株インデックスファンド一択
(自分の場合)
SBI証券でEXE-i先進国株式ファンドとEXE-i新興国株式ファンドを積立中

NISA
・恒久化されるかもしれないが、一応5年縛りであることを考える
・非課税の恩恵を最大化するには、5年以内に大きく値上がりする株式でキャピタルゲインを狙うのがベスト
・だが、残念ながら自分にはどの株がいつ上がるか察知する(超)能力はない
・鉄板の高配当株(高分配ETF)に投資し、配当非課税の恩恵を受けるのがベター
(自分の場合)
マネックス証券で米国株(高配当)を随時購入中

特定口座
・401kで投資しきれない分のインデックスファンド(無分配)を購入
・来年からは個人向け国債も特定口座に入れられるらしい(損益通算可)
(自分の場合)
SBI証券 でニッセイ外国株式インデックスファンドを積立中

その他
・当面の間使う予定のないお金を個人向け国債へ
・投資予備資金、生活防衛資金は、時期に合わせて、ネット銀行の定期預金
(自分の場合)
住信SBIネット銀行で3ヶ月定期(0.3%)

ちなみに今回の個人向け国債の金利(変動10年)は0.21%なのでスルー。
(自分の基準では0.3%以上でないと買う気にはなれない)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

ひふみ投信
ひふみ投信
日本株投信の双璧!アクティブファンド屈指のローコストとハイパフォーマンス

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム