記事一覧

個人型401kの運用状況(11/18)

拠出額は累計10か月分

(見込節税額:34,500円)
23,000(拠出月額)×10(拠出月数)×15%(所得税率+住民税率)


損益合計は-9,090円(前回比:+2,646円)。
参考:個人型401kの運用状況(10/21)

先進国の回復ぶりが顕著だ。米国株&ドル安の影響か。
今週に入ってから、特に米国株が好調だ。虎視眈々と狙っている身としては、
ちょっと残念だが、強制的に買われる401kや積立はいいのかもしれない。
(指値で買えると、どうしても邪念が…)

今、高いと思っている値段は、将来、安かったと思える値段かもしれないのだから。

さて、それにひきかえ新興国のパフォーマンスは芳しくないが、考えようによっては「仕込み時」とも言えよう。「新興国不要論」なども聞かれるが、しばらくは自分の考えた積立方針を継続しようと思う。

それはさておき、401kでもニッセイ外国株式インデックスファンドを取り扱ってくれないものかなぁ。

関連記事

コメント

1. 無題

個人型DCも特定口座と同じ商品を自由に選べるようにしてほしいですよね。DC用なのに信託報酬が高いの多いし。
ここ最近のインデックスファンドの経費値下げ競争で、Exe-iすら安く感じなくなってきてしまった。。。( ´(ェ)`)

2. Re:無題

>うさちびさん
本当に401k口座はSBIもやる気がないですよね(笑)。たぶん、手数料が安いからあぐらをかいているのでしょう。ほぼ寡占状態ですし。
401kも競争してもらいたいところですね。

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

取材・仕事のご依頼はメールフォームからお気軽に

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

ひふみ投信
ひふみ投信
日本株投信の双璧。アクティブファンド屈指のローコストとハイパフォーマンス。

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


リクルートITスタッフィング
リクルートスタッフィング運営。IT・エンジニアで短期集中で稼げる!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム