記事一覧

ポートフォリオの報告 (12/2)と来年の方針について


前回2015年10月のポートフォリオ

前回比は+218,351円(このうち定期積立分70,000円を差し引いた純増分は148,351円)
さすが年末相場、株高と円安が進んでいるからだろう。

日本株:17%
先進国株:25%(+1)
新興国株:1%
国内債券:44%(-1)
先進国債券:11%(-1)
海外リート:1%
※国内リート、新興国債券などグラフに表示されない端数があるため、トータルでは100%にならない

比率はほぼ変動なし。

来年の積立方針だが、

日本株:6%
先進国株:42%
新興国株:12%
国内債券:40%
を目標に


Exe-i先進国株:15,000
Exe-i新興国株: 8,000
ニッセイ外国株 :47,000
を続行する予定だが、ここにきて、先進国株のインデックスファンドに
ダークホースともいえる「たわら」が急浮上したので、これに乗り換えるかもしれない。

また、随時、各種バランスファンドも先進国株に乗り換える予定。
その際は「投信積立キャンペーン」を有効活用したい。

さて、実は上記リスク資産とほぼ同額の非リスク資産(主にネット定期)もあるのだが、
これをどのように運用するかも来年は積極的に考えてみたい。




↓ポートフォリオのグラフはマネックス証券のツールを利用
各金融機関からもデータも一括で取得できて便利

マネックス証券
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、ニートときどき派遣。
40代前半のしがない派遣社員。

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo
業界最低水準のコストを常に目指すeMAIXS SlimシリーズはiDeCoにピッタリ!


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


海外旅行傷害保険も充実のエポスカード。しかもうれしい年会費無料!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム