記事一覧

はじめようか、確定申告

今年もこの時期がやってきた。
例年、主に配当の源泉所得税の還付を受けるために行っている。

雀の涙ほどの外国税額控除も去年に比べて、大幅に増加。
(参考)外国株式の配当所得

個人でこの控除を申告する人はほとんどいないと思うが、これから米国株の配当はドンドン増やしていくつもりなので、NISA後を見据えて忘れずにやっておきたい。ちなみに爆買い中のSPDR S&P500 ETF (1557)も外国税額控除の対象。

WS000029.jpg
慣れればどうってことはない。


WS000030.jpg

米国での源泉徴収分がすべて控除されるわけではなく、総所得に対し国外所得の割合が小さければ減ってしまう。(自分の場合だと米国で収めた1110円のうち、268円しか控除されない)

ちなみに還付額が多いのは、主にTOPIX連動型上場投資信託 (1306)の源泉所得税からによるもの。
所得税率が5%の自分の場合、配当を総合課税で申告すれば、所得税と住民税を合わせても、2.2%まで下げることができる。
※分離課税の場合は一律20%、また上記の例は日本株からの配当に限る
(参考)ETFのアルバイト

配当控除の受けられない米国株はNISA口座で、受けられる日本株は特定口座で買うのが自分の場合、ベストのようだ。
↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

関連記事

Ad

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

取材・仕事のご依頼はメールフォームからお気軽に

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

ひふみ投信
ひふみ投信
日本株投信の双璧。アクティブファンド屈指のローコストとハイパフォーマンス。

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


リクルートITスタッフィング
リクルートスタッフィング運営。IT・エンジニアで短期集中で稼げる!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム