記事一覧

リクルートカードの傾向と対策

JCB20160312.jpg

リクルートカードプラス入会時キャンペーンでようやくキャッシュバックが確認できた。
(参考)悲しみと喜びと2~さよなら漢方、はじめましてリクルートカードプラス~

・携帯電話利用料金、公共料金支払い
・支払い名人登録
・MyJCBへのログイン
・お知らせメール配信
・支払い名人でもれなく1500円(※入会時キャンペーンとは別物)
※支払い名人は自動リボだが、支払金額を利用枠上限まで設定してしまえば、実質1回払い同様となり、手数料(利息)はかからない。海外キャッシングで自動リボ(しかも返済額は月1万ずつがデフォ)になる凶悪仕様な楽天カードも見習ってほしいものである。

入会時の試算と相違もなく、これで4年分の年会費は無事に回収♪
ちなみに入会時の「支払い名人」でもれなく1,000円キャッシュバックは既に受取済み。今回の1,500円プレゼントは別物。どうやら新規登録じゃなくても「支払い名人」がらみのキャンペーンは利用しているだけで適用されるようだ。
余談だが、携帯電話支払いのキャンペーンは比較的どのクレカでも実施されているので、これを渡り歩くのもおいしい!
格安SIMは対象外のケースが多いので、ここでもガラケーが大活躍(笑)


年会費を回収したもののプラスを更新するかは別問題。今月支払いの約9割はnanacoチャージ利用分だしなぁ。
au wallet + 楽天カードに加え、もう一つの代替案としてエポスカードが有力候補にあがってきた。

選べるポイントアップショップ (プラチナ・ゴールド会員限定)

ここで選んだ3つの店が還元率1.5%となる。しかも、au walletでは払えない公共料金などの月々継続払いにも対応!ポイント交換先もクオカードなどがあり、使い勝手もまずまず。



さて、ここにきてリクルートカードVISAにも暗雲が…⁉

同じ発行元である三菱UFJニコス(MUFG)が以下のカードをポイント対象外と発表。

各種ポイントプログラムの集計対象とならないお取り引き(ショッピング)について
・「楽天Edy」チャージご利用分
・「モバイルSuica」ご利用分
・「SMART ICOCA」ご利用分
・「nanacoクレジットチャージ」ご利用分

幸い、今回はリクルートカードVISAは含まれていなかったが、「その日」が来るのを覚悟しておいた方がいいかも。ちなみにMUFGはJCBと異なり、猶予はあまり与えてくれないので注意。(今回の改悪は4月より適用)

もし対象外になってしまったら、現状保有しているクレカの中ではローソンPontaカードVISA(0.5%)が最高還元率。今のうちにYJカード(JCB)あたり作っておくかなぁ…。(仮面社畜の特権w)



リクルートカードVISA
還元率1.2%は年会費無料クレカで最高水準。電子マネーのチャージでもポイントがたまるので、プラスのサブとしても最適。

↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

コメント

No title

YJカードは今や僕のメインカードになりました。
JCB付ければnanacoチャージも使えるし、何よりウエルシアの1.5倍が美味しいですね。
ウエルシアはトップバリュ製品も置いてますから、かなり安く商品を入手できます。

Re: No title

YJカードはかなり興味津々です。
入会ポイントも大盤振る舞いしていますしね。
ファミTを解約して、これにしようかなと思っています。
(二つのカードに1つのTポイント番号が紐づけられるのならそのままにするかも)

コメントありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

取材・仕事のご依頼はメールフォームからお気軽に

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

ひふみ投信
ひふみ投信
日本株投信の双璧!アクティブファンド屈指のローコストとハイパフォーマンス

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム