記事一覧

あまった外貨の有効活用法

ATM手数料ボッタクリ大国のタイでも、現金両替は超良心的!
※現地ATM設置業者が徴収するATM手数料は180バーツ程度

さて、バンコク市内のとある両替所のある日のレートを見てみよう。

Buyingが外貨からバーツへ両替する際のレート
Sellingがバーツから外貨へ両替する際のレート

ということはその真ん中が仲値ということ。

siam fx

日本円の場合、1万円を両替すると3120バーツになる。
(逆に3140バーツを払うと1万円になる)

この時の仲値は3130バーツといえる。

10000円につき10バーツ(32円)のスプレッド。

つまりは手数料は0.32%

もちろん他に手数料はかからない。

よく見ると他の通貨もそれほどスプレッドは大きくない。

他の国で余った通貨があれば日本円に再両替するのではなく、タイに来た時にバーツに替えてしまうのがロスが少なそうだ。
(最善は、再度その国に行った時に使うことだけどね…)

タイだけが例外で他の国は依然としてカードキャッシングがオトクだろう。手間を考えるとデビットも悪くない。
(参考)海外旅行でお得に現地通貨を手に入れる方法2




リクルートカードVISA
タイ以外の国で現地通貨をゲットするなら、カードキャッシングがオトク。リクルートカードVISAなら海外ATM手数料無料!

↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

コメント

No title

そうそう、前回オフ会でカオサンの話をしましたが、僕があのエリアに泊まってて思ったのは両替商があの通りだけで10件以上ひしめいて激戦区なので同じバンコク内でもあそこがレート良かった気がするんですよ。
街中の両替商であそこよりいいのは見ませんでした。

僕もいつも多めに両替して次回使うぶんを残しておきます。タイならどうせまた行くでしょうからね。日本円への再両替はロスでしかないし。よほど円高に振れなければ。。。

Re: No title

カオサンはバックパッカーの聖地ですからね。僕も1度だけカオサンで両替したことがあります。
あそこに用があるなら、有効な選択肢ですよね。
(中心部に滞在だとカオサンまでの交通費もかかるので…)

と、言ってる間にさらに円高が進みましたね。本当に今年は海外行きドキかも!

コメントありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo
業界最低水準のコストを常に目指すeMAIXS SlimシリーズはiDeCoにピッタリ!


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


海外旅行傷害保険も充実のエポスカード。しかもうれしい年会費無料!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム