記事一覧

タイのATMでリクルートカードVISAを使ってキャッシングしてみた

タイのATMで現金を引き出すと200バーツの手数料を取られるのは有名な話。

でもクレジットカードのキャッシングだと貸金業法により法定利息以上の手数料を請求することはできないらしいので、現地ATM手数料は取られないという情報もある。
(参考)クレジットカードによる海外キャッシングに関する諸考察

ちなみに「手数料」いうのは以下の二種類がある。

海外ATM手数料(クレカ会社が請求):1万円未満108円、1万円以上216円。リクルートカードVISAは無料!
現地ATM手数料(現地ATM設置業者が請求):タイの場合は1回200バーツ
(参考)海外旅行者がリクルートカードVISAを作るべきたった一つの理由


そこで今回、人柱となってリクルートカードVISAで2,000バーツほどキャッシングしてみた。

IMG_20160728_142138.jpg

はい、シッカリと「200バーツの手数料がかかります」と表示される。

IMG_20160728_145310.jpg

そしてレシートにもちゃんと200バーツが上乗せされ、合計金額は2,200バーツと書かれている。

もちろん、ATMから出てきたのは2,000バーツのみ。

ちなみに取引直後にサイト上から確認してみると、手数料込の金額がキャッシング枠から減っていた。



取引から二日後、利用明細があがってきたのでドキドキしながら確認してみると…

WS000033.jpg

引き出した2,000バーツのみで200バーツの手数料は請求されず!

1バーツ3.052円なのでレートもそんなに悪くない。
※参考までにこの日のサイアムエクスチェンジのレートは1バーツ2.963円

下のキャッシング手数料は「利息」のこと。46日分で計算されているが、帰国後即繰り上げ返済するので実際は10分の1くらいの金額になるだろう。

ちなみにVISAデビット、国際キャッシュカードなどは貸金業法とは関係ないので(そもそも自分の口座から引き出すので借金ではない)シッカリと現地ATM手数料も引かれるようだ。

というわけで結論としては

現地ATM手数料を徴収する国ではクレカのキャッシングが最強!

どうやら200バーツの手数料はクレジットカード会社が負担しているらしい(客には請求できない)ので、これでさらに繰り上げ返済されてしまったら、完全な赤字になるだろう。海外キャッシングをやめるカードが増えているのも頷ける。

クレカなら万が一の不正利用の場合でも補償がきくし(デビットの場合はごく一部のカードを除いて補償なし)、少額からでも手数料を気にせず気軽におろせるので便利!

リクルートカードVISA
数少ない海外ATM手数料無料のカード。海外旅行傷害保険も利用付帯。

↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

コメント

No title

へえ、そうなんだああ。
これはリクルートカードVISAでも作るかな。。。
といってもこれ以上カード増やしたくないなw
住信SBIのVISAデビットは出番が無くなってしまったなあ。
他のクレジットカードでも216円しかとられないってことですよね。

Re: No title

たぶん、今お持ちのクレカのキャッシングでも200バーツは取られない気がします。
でも海外ATM手数料(クレカ会社分)無料なので、リクVISAはオススメです!

他のクレカでも216円しか取られないと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、ニートときどき派遣。
40代前半のしがない派遣社員。

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo
業界最低水準のコストを常に目指すeMAIXS SlimシリーズはiDeCoにピッタリ!


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


海外旅行傷害保険も充実のエポスカード。しかもうれしい年会費無料!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム