記事一覧

ゲストハウスオーナー向けの節約・節税術

ゲストハウスオーナー向けと銘打っているが、その他の個人事業主にも使える技をいくつか紹介したい。

先日行きつけのゲストハウスで「オトクな旅行術」で講座を開いてほしいと依頼されたが、ポイントサイト等での還元率縮小により大した話ができなくなってしまった。

その代わりというわけではないが、節税術などを教えてあげたら大層感謝された。
(自分では当たり前と思っている知識でも知らない人にとってはお宝になりうるのかもしれない)

そこで今回、伝授した内容をバージョンアップしてまとめてみた。
※内容に誤りがあるかもしれないので、確定申告の際にはご自分で税務署や税理士にご確認ください。



まずは節約術から

ではどうぞ

①国民年金前納(二年前納で16000円くらいオトク)
(参考)国民年金前納割引制度(口座振替 前納)について
個人事業主はほぼもれなく国民年金に加入することになるだろう。どうせ払うならまとめて払って割引をうけたいところ。厚生年金でも前納制度があればいいのに…(以下社畜の愚痴になるので割愛w)

②付加年金(2年で元が取れます。もちろん所得控除対象)
(参考)え?利回り50%!? 国民年金の特典、付加年金 これは加入するべきです!
ゲストハウスのオーナーは体力的にいつまで続けられるかわからないので、なるべく年金は手厚くしておきたい。第一号被保険者しか入れないため国民年金の特権!厚生年金でも…(以下略w)
※付加年金も前納で割引に!



続いてお待ちかね(?)の節税術

③65万円の青色申告特別控除
(参考)青色申告特別控除
複式簿記で記帳し、かつ貸借対照表及び損益計算書を作成しないといけないが、会計ソフトを使えばそれほど手間はかからない。ネットバンキングやクレジットカード明細からデータを自動取得してくれるクラウド会計ソフトがオススメ。

やよいの青色申告 オンライン
自動仕訳や確定申告書類も自動作成でカンタン。初年度無料キャンペーン実施中。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

レシートをスマホで撮るだけのデータ取り込み機能がフリーランスに好評。クラウド会計ソフトのシェアNo.1

④青色申告の専従者給与
(参考)しらぬが損!奥さんに給料払って節税できる?専従者控除を活用しよう!
青色申告を選択するもう一つのメリットがコレ!奥さんに給料を払うと全額経費にできる。だがいくらでも払うのではなく、住民税が非課税となる年間100万以下にするのがベター。これを知らずにオーナー世帯は税金が上がってしまったらしい…(もっと早く知っていればと悔いていた)

⑤個人型確定拠出年金
(参考)個人型確定拠出年金ナビ
第一号被保険者なので68,000円まで拠出可能。引退後に備え、なるべく非課税で蓄えておきたいよね。

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)
個人事業主なら68,000円まで拠出可能(付加年金未加入時)。小規模企業共済と合わせて活用したい。

⑥小規模企業共済(もちろん掛金は全額控除対象)
(参考)小規模企業共済
(参考)起業家・個人事業主必見!知らなきゃ損する小規模企業共済
基本的に廃業するか65歳になるまでは引き出せない。解約時の返戻率には最大120%なので、利回りはそれほどでもないが、節税効果はバツグン。資金繰りが悪化した時は拠出した額まで借りれるのも安心。

これをすべて併用すれば、
65+100+81+84=330万まで事業経費とは別に控除することができる。
(さらに国民年金や健康保険の社会保険料控除も)

オーナー曰く、「ゲストハウスオーナー達は相談相手がいないので、オーナー向けのコンサルでもやったら喜ばれるよ」とのこと。わざわざこの制度はオトクだから使った方がいいですよなんて誰も教えてくれないからね。

なぜ自分はサラリーマンの割りには詳しいかというと、継続的な雇用が保障がされない派遣なので個人事業主という意識で働いているからかもしれない。個人事業主なら最低限の税務知識は必須だと思っている。
(参考)派遣社員のメリット



そして、オーナーへは最後に以下の一文をアドバイス

「そこそこの規模になったら、知人や商工会議所などで税理士を紹介してもらうとよろしいかと。
記帳や領収書などの整理を自分でやり、確定申告だけ任せれば費用も抑えられるかと思います。」

税理士を雇う真のメリットは税務署からの問い合わせや税務調査の対応をお任せできることに尽きる。百戦錬磨の税務署員に素人が対抗することは困難で、追徴で言われた額をおとなしく払うしかないからだ。
(税理士と税務署なら阿吽の呼吸で落としどころを探ってくれるだろう)




個人事業主のための節税入門書。イラストや会話形式の文章で読みやすく解説。

↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Ad

コメント

No title

金持ちはたいてい税金のことを熟知していると言いますからね。
ウチの奥さんもそろそろ青色申告をするそうです。
なので家族である僕に専従者給与を支払う形になりそうですね。
もっとも僕がバイトで意外と働いてしまったらその枠も無くなるわけですが。。。
あと国民年金は最近半額免除結果がきて、今月中に前納する予定です、もちろんnanacoチャージで。

Re: No title

金持ちは金儲けの話には興味を示さないが、税金の話になると目の色を変えると言いますしね。
言葉は悪いですが「情弱」はいいように搾取されるだけですよね。

そしてサラリーマンは「惜しみなく奪われる」と(笑)
一刻も早くこんな稼業から足を洗いたいものです…。

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

取材・仕事のご依頼はメールフォームからお気軽に

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

ひふみ投信
ひふみ投信
日本株投信の双璧。アクティブファンド屈指のローコストとハイパフォーマンス。

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


リクルートITスタッフィング
リクルートスタッフィング運営。IT・エンジニアで短期集中で稼げる!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム