記事一覧

ネオハケンの時代到来!? 半年程度稼ぐのがちょうどいい?

ここ数日ツイッターでつぶやいているが、就業意欲に関する環境に変化が起きるかもしれない。
※こういう働き方もあるよという選択肢を提示しているだけで推奨しているわけではありません
※個人的には長期的に安定して就業している人が増えたらいいなと願っています


まず、失業手当の引き上げ




続いて、いわゆる派遣切りなどの特定理由離職者制度の恒久化




とどめは基礎控除の見直し検討




これはもう、国が「あんまり稼ぎすぎたらダメだよ?」と言っているようにしか思えないw(個人の意見です)



そこでこんな働き方を考えてみた。

①半年程度で終了する派遣で働く
短期の契約なので時給が高めライバルが少ないことがまず大きなメリット(長期希望者が多いからね)

また、半年後に終わる仕事でも初回契約は1~2ヶ月、その後は3ヶ月毎の更新というパターンが多いので、契約上は「更新の可能性があり」の期間満了となり、特定理由離職者(会社都合)になることができる。
(参考)派遣切りにあいまして…

②失業保険をもらいながら次の仕事を探す
積極的に就職しようとする意思いつでも就職できる能力を持ち、積極的に就職活動に邁進しよう!

にもかかわらず就業できない時は、遠慮することなく失業保険のお世話になるべし。派遣切りなら給付制限無し最長150日間支給されるのがありがたい。ちなみに失業保険は全額非課税! そもそも確定申告に記入すべき収入ですらない。

もし可能なら、無職期間中は個人型401kの拠出を増額し、控除枠を広げておきたい。
(参考)個人型401kで無職(国民年金)になった時の手続き

これで限りなく住民税非課税に近づけられるだろう。



まずは派遣会社に登録してみて、自分の「需要」がどれだけあるのか確かめてみるのもいいかも!

リクルートスタッフィング

あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!





SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)
派遣なら来年の改正を待たずに今すぐ入れる可能性大!一ヶ月でも早く入った方が節税効果は高い!!


↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

コメント

No title

すごい効率的な働き方ですよね。
自分も正社員は辞めてしまったので、このような働き方を検討してみたいです。
ほんと国は働いて欲しくないんでしょうかね。。。
健康保険も加入できて、雇用保険ももらえるとか魅力的すぎます。

Re: No title

効率的ですが、みんながこんな働き方をしたらヤバいですよね(笑)

取れるところから取ろうと思っているのでしょうが、そうするとドンドン働く人が減っていきそうな気もします。

ゲーム攻略みたい

このプランって失業までもボーナスステージに変えてしまうところがいいですね。
特定理由離職者の制度ってあまり知られてない様に思います。
うつ退職なんかでも会社都合にできるのに自己都合で処理されてもらい損ねている人が多そうです。

こういうシステムの穴って乗る人が多くなるとすぐふさがれちゃうのに、人に教えてしまうsnufkinさんって気前いいですねぇ (^^)

Re: ゲーム攻略みたい

スーパーマリオの「豆の木」みたいなもんですね。
思い切って登ってみると敵がいなくてコインだらけ。しかもゴールまでショートカットできるw

仕組みはわかっていても、実際やる人は多くないので大丈夫だと思いますよ。
穴を塞ぐどころか、今は時限措置の特定理由離職者ですが恒久化するみたいですし。

世の中の大多数の人は世間体を気にするので、こんなゲームみたいな生き方はしないと思います(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

ひふみ投信
ひふみ投信
日本株投信の双璧!アクティブファンド屈指のローコストとハイパフォーマンス

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム