記事一覧

ねんきんネットに登録してみた ~75歳年金支給開始に備えて~

先日、ねんきんネットとやらに登録してみた。今までも年に一度はねんきん定期便が送られてきたが、国民年金と厚生年金を行き来しているし、付加年金にも入っているのでね。より、リアルタイムに把握してみたくなったわけだ。

とりあえず現時点で年間50万円ほどは年金が貰えるらしい(あてにはできないけど)

そして、今までの納付額は以下のごとし。

nenkin20161226

ここで数字のマジック。厚生年金の納付額は労働者負担分しか表示されていない。つまりこれと同額の会社負担分があるわけ。20年に満たない間に計700万円ほど納めていることになる(これでも安い方だと思う)

言うまでもなく会社負担分とは人件費の一部である。別に会社がポケットマネーで払ってくれるわけじゃない(笑)間接的には自分が負担していると言ってもいいだろう(その分額面の給料が削られている)
(参考)会社が半分払ってくれるという「幻想」

というわけで労使負担分を合わせるとどう考えてもマイナスとなる。それは仕方がない。だって国民年金の赤字や第3号被保険者の保険料を穴埋めしないといけないから…。
※国民年金の赤字とはGPIFの運用損ではなく、9年で元が取れると言われる「金融商品」の性質によるもの。

不平や文句ばかり言っているように見えるかもしれないが、これから先は喜んで国民年金の保険料を払いますよという話(笑)厚生年金の時は見れば見るほど不愉快になったと思うが、これから先は多少愉快に見れるかな。

nenkin20161226-2
年金の加入状況もグラフィカルに把握できる。茶色の厚生年金が忌々しい!! 国民年金の緑一色で埋めるのが僕の夢。



それはさておき、以下のような話も出ている。

70歳定年、75歳で年金支給開始!?内閣府が高齢者の定義を「65歳→70歳」に引き上げを提案
※記事によると75歳に引き上げは厚生年金(国民年金ではない)

公的年金は長生きした時のボーナス、もしくは図らずも長生き「してしまった」時のセーフティーネットと考えていた方がいいかも。それまでは政府の目論見通り「生涯現役」として働き続けるか、資産形成してとっととリタイアするかの二者択一だと思う。もはや「老後」などない。

無論、自分は後者だけどね(笑)



誤解のないように補足しておくと、それでも国民年金は払う価値があると思う。

・万が一の時の障害年金(2級で満額の老齢年金と同額、1級だとそれ以上。受給中は国民年金保険料も免除)
・保険料の社会保険料控除(全額控除対象)
・付加年金(2年で元が取れる)
・iDeCoの掛金増額(最大68,000円まで)
・厚生年金からの赤字補填(所得移転?)

利用できるものはなんでも利用して、自衛していきたい。



SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)
国民年金に積極的に加入する動機の一つはiDeCoの掛金が増やせること。国民年金と確定拠出年金で十分。

↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

コメント

No title

僕らが老人になるころには80-85歳くらいが支給開始になっていそうですね、それでも制度の根本改正をできずに引っ張っていそう。
賦課方式をやめて個人勘定でやってほしいです。
現時点で80数万出る予定ですがまったくアテにしてないです、ていうかできない。。。

Re: No title

今更個人勘定にするのは難しいと思いますが、ここ最近のiDeCo押しは「公的年金に頼るな!」という国からのメッセージだと思っています。税の優遇がすごいですからね。公的年金はラスボス戦直前のセーブポイントみたいなもんだと割り切ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

ひふみ投信
ひふみ投信
日本株投信の双璧!アクティブファンド屈指のローコストとハイパフォーマンス

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム