記事一覧

iDeCoに加入するなら誕生月の前々月がオトク!?

cc0160160836_TP_V.jpg

iDeCoには3つの税制メリットがある。

・掛金の全額所得控除
・運用益非課税
・受け取り時の退職所得控除及び公的年金等控除

前にも話したが、自分は60歳になると同時に一時金として受け取るつもり。引き続き受けられる運用益非課税の恩恵も捨てがたいが、口座管理手数料や振込手数料がもったいないのでね。
(参考)iDeCoでじぶん「退職金」を作ろう


一時金として受け取る場合は以下の退職所得控除が適用される。

勤続年数20年以下の場合: 40万円 × 勤続年数
勤続年数20年超の場合: 800万円 + 70万円 × (勤続年数 - 20年)
※ここでいう「勤続年数」はiDeCoの拠出年数。ただしそれ以前に退職金等を受け取ってない場合

そしてこの勤続年数は1年未満の端数は1年に切り上げとなる(20年1ヶ月間加入時→21年)
(参考)退職金を受け取ったとき(退職所得)

では例をあげてみよう。

1977年4月生まれの人が2037年の誕生日(満60歳)で受け取る場合
※拠出は59歳11ヶ月まで可(この例だと2037年3月まで)

2017年2月拠出開始
拠出年数:20年1ヶ月
退職所得控除:800+70×(21-20)=870万円

2017年3月拠出開始
拠出年数:20年0ヶ月
退職所得控除:40×20=800万円

一番差が出る例で恐縮だが(笑)、たった1ヶ月の差で70万円も控除額が変わってくる。拠出年数が20年以下の場合でも40万の差となる。60歳以降は拠出不可なので、後から拠出年数を伸ばすことはできないので要注意。



…と思ったら、どうやら継続して拠出できるようになるかもしれないね(笑) それでもなるべく60歳になると同時に受け取りたいので、入ると決めたら早めの加入がいいだろう(イッタイイツマデハタラカセルンダ…)
(参考)確定拠出年金、70歳まで加入可能 働くシニア増加で



SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)
転職しても受け取るまで退職所得控除の「勤続年数」がリセットされないのも嬉しい

↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

ひふみ投信
ひふみ投信
日本株投信の双璧!アクティブファンド屈指のローコストとハイパフォーマンス

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム