記事一覧

投信の乗換案内 ~債券から株式へ~

UNI16040516IMG_0017_TP_V.jpg

今後積み立てるリスク資産は株ヒャクパーの方針だが、今現在で外国債券の投信が約140万ほどある。ゆくゆくはこれらをすべてたわらノーロード先進国に移行していくつもりだ。

現在保有している外国債券のインデックスファンドは以下の通り。

1.外国債券インデックスファンド
信託報酬:0.756%
信託財産留保額:0.1%

2.SMT グローバル債券インデックス・オープン
信託報酬:0.54%
信託財産留保額:0.05%

3.eMAXIS 先進国債券インデックス
信託報酬:0.648%
信託財産留保額:なし

4.インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)1年決算型
信託報酬:0.7236%
信託財産留保額:0.2%

う~む、どれも一昔前に積み立てていたものなので信託報酬がお高め。
コストを考えると、とりあえず1>4>3>2の順番で売却していきたい。

理想としては債券が高めで株が安めのタイミングがベストだが、日本円ベースで見ると外国債券と外国株式はほぼ相関しているからなぁ…。思考停止して、投信積立キャンペーンを利用するのもアリかなと思っている。

積立日と同じ日に外国債券の投信を同額売却していくのだ。

キャッシュバックが「抽選」となり、去年に比べるとだいぶショボくなったけどね…。
(参考)キャンペーンを利用して、投信の断舎利を3


でもさすがに今は、債券が安めで株が高めなのでしばらく様子見かなぁ…って結局タイミングを見計らっているんかい(笑)



SBI証券

今年も投信積立キャンペーンに期待したい! 投信マイレージも魅力

↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

コメント

No title

REITで1千万、海外債券で500万ほど保有してしまっています。
どう株に乗り換えていくかが悩みどころです。
結局連動して動くわけですが、〇〇ショックが起きればその時がいいでしょうね、株が一番大きく下がるし、債券も含み損があるなら税金発生せずに売却できるわけだし。

Re: No title

どうせなら、含み損がある時に、「損失確定」し、利益との相殺用に利用するのもいいかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

取材・仕事のご依頼はメールフォームからお気軽に

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

ひふみ投信
ひふみ投信
日本株投信の双璧。アクティブファンド屈指のローコストとハイパフォーマンス。

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


リクルートITスタッフィング
リクルートスタッフィング運営。IT・エンジニアで短期集中で稼げる!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム