記事一覧

年金受給者のためのふるさと納税入門

PP_gyuunikumisuji_TP_V.jpg

ふるさと納税はバリバリ働いている現役世代の特権だと思われがちだが、実は年金受給者でも一定以上の所得があれば可能。厚生年金+企業年金等を受給していれば、十分狙える。

ふるさと納税の限度額シミュレータはほとんどが給与所得者用だが、下記のサイトは年金受給者にも対応!
(他にも不動産・配当所得にも対応しているので、セミリタイア済みの人も使えるぞ)

ふるさと納税の控除限度額計算ソフト

ざっくり計算してみると…

【ふるさと納税の目安】
(例1)年金収入300万、国保加入(年20万)の配偶者ありの場合→2.2万(配偶者なしの場合は3.1万)
(例2)配当収入300万、国民年金加入(年20万)の独身者の場合→4.2万

大変遺憾ながら自分はiDeCoの節税効果がデカすぎて今年もふるさと納税を狙うのはほぼ絶望的だが、年金受給者の親は数万円ほどできそうだ。というわけで早速実行開始!(これも年金パラサイトっていうのかな…)
(参考)あえてiDeCoのデメリットをあげてみる



とりあえず鶏肉と牛肉でたくさん貰えそうなものを見繕ってみた。

電気圧力鍋で料理するので、やっぱり質より量かな(笑) そこそこの肉でも美味しくいただけるしね。

【ふるさと納税】kan003 ドカンと10kg!!もっちり食感♪こだわり配合飼料育成!米ヶ岡鶏満喫セット(モモ4kg、ムネ4kg、手羽元1kg、ささみ1kg) 寄付額11,000円

【ふるさと納税】都城産宮崎牛煮込み用1.5kgセット(バラ・スジ)

年金受給者でも意外と限度枠があるのでいろいろ貰えそうだ。
両親や祖父母に教えてあげたら喜ばれる…かも(笑)





↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Ad

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、ニートときどき派遣。
40代前半のしがない派遣社員。

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券 iDeCo
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo
業界最低水準のコストを常に目指すeMAIXS SlimシリーズはiDeCoにピッタリ!


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズや楽天バンガードに投資するなら


松井証券 iDeCo
シンプルだがツボを押さえた品揃えで初心者にも優しい! コストも最安値水準

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


高額報酬の会場調査が豊富なアンケートサイト!snufkinも愛用してます(笑)

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム