記事一覧

確定拠出年金(iDeCo)の運用状況(5/22)

拠出額は累計28ヶ月分

(累計見込節税額:156,000円(うち確定節税額:115,800円)
23,000(拠出月額)×19(拠出月数)×15%(所得税率+住民税率)
67,000(拠出月額)×9(拠出月数)×15%
iDeCo20170524

損益合計は122,129円(前回比:+68,423円)。
(参考)確定拠出年金(iDeCo)の運用状況(4/18)

今月はGWを挟んだため、買付日が後ろ倒しとなった。口座引き落としから13営業日目に買付、14営業日目に約定するわけだが、もう少しなんとかならないものかなぁ…。文字通り「お金が遊んでいる」期間だからね。

さて今月の損益はと言うと先月から倍以上に。リスク資産は株ヒャクパーのジェットコースターとはいえ、浮き沈みが激しいね。でもこの方針は変えるつもりはない。むしろ債券ファンド(米国債や日本国債等の生債券ではない)に投資していたことを後悔しているくらいだ。

株の調子がいいからこんなことを言っているわけではない。結局日本円から見ると、株が下がる時はみんな下がるんだよね。その度合が若干マイルドになるだけで。それにはるか前に気づいている人もいたようだ。
(参考)インデックス投資を初めて10年経ちました

真に逆の相関関係があるのは日本円の現金(元本無変動の個人向け国債含む)だけだと思う。それならリスク調整は株と現金だけでいいんじゃないかと。現金ならコストもかからないしね(笑)

もし債券に手を出すならやっぱり生債券かな。それも米国債の金利が5%くらいになった時に。



ところで去年の今頃と比べるとその違いは歴然。一年経つとかくも変わるものなのか…。
[2016/05]総資産残高:320,114円、損益合計:-36,173円
[2017/05]総資産残高:1,147,126円 損益合計:+122,129円
(参考)個人型401kの運用状況(5/23)

まぁ、総資産が3倍以上に増えているのはトランプラリーのおかげだけでない。むしろ、去年の6月から掛金を67,000円に増額している効果が大きい。戦いも投資もやっぱり「数」だよ。

そして今、去年の記事で何気なく書いた「加入者の熾烈な争奪戦」になっているのも感慨深い。さすがにSBI証券が口座管理手数料を無条件で無料にするとまでは予想できなかったけどね。
(参考)SB証券&楽天証券 そろってiDeCo手数料無料へ ~手数料・信託報酬徹底比較~

未来を予測するなんて不可能だから、粛々と積み立て続けていきたい、さて来年の今頃はどうなっているかな。



SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)
住民税の決定通知書でも節税効果を実感!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

楽天証券 確定拠出年金
たわらシリーズに投資したい人はコチラ。両方資料請求して比較検討してみよう

↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


海外旅行傷害保険も充実のエポスカード。しかもうれしい年会費無料!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム