記事一覧

今月の積立投資(2017年7月)

月末恒例の積立投資コーナー。今月まではiDeCoに67,000円拠出。そして、退職後の来月からは2ヶ月間23,000円(第二号被保険者の上限)に減額という摩訶不思議な現象。これから国民年金に戻るのに(笑)

それはこういうわけ。当月26日に引き落とされ、翌月中旬(13営業日後)に買い付けられる掛金は、前月の加入資格によって判断されるからだ。わかりやすく例を出すと…

来月8月の買い付けに使われる掛金は7月26日に引き落とされ、それは6月の加入資格で上限が決まる。僕が社畜厚生年金に加入したのは6月からだからね。再び67,000円に戻るのは10月。ややこしいよね。


前置きが長くなったが今月の状況をどうぞ

定期積立:毎月15万円
(401k口座)
DCニッセイ外国株式インデックス: 46,783円
EXE-i 新興国株式ファンド: 20,050円
(特定口座)
たわらノーロード先進国: 83,167円

追加積立:前月の雑収入(受取日ベース)を原資
なし

やっぱり今月も追加積立できず。だがまだあわてるような時間じゃない。こうなりゃ根比べだ(笑)



さて、今月も恒例のSBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)の掛金増加ランキングを紹介!

元本変動型商品掛金増加額ランキング
iDeCo20170725
ついにひふみ年金がトップに! 無敵を誇るひふみ投信、とどまることを知らず。最近露出も多いし、やっぱりメディアによる宣伝効果は大きいやね。そして5位のジェイリバイブもよく見かける。やっぱりランキングには最近好調なものが並ぶようだ。どちらも国内株が投資対象のアクティブ投信、頼もしい限り♪

そんな中、snufkinはひふみプラスを2/3ほど売却。不満を持っているわけではなく、今でも十分いいファンドだと思うけど、まぁ「発展的解消」ということで(笑) 今までありがとう!


そしてさらに債券ファンドから株式ファンドへのスイッチングをついに開始。まず手始めは外国債券インデックスファンド。今となっては0.756%の信託報酬は高すぎるからね。
(参考)投信の乗換案内 ~債券から株式へ~

WS000023_2017072516030519d.jpg
図らずも利確となってしまうがiDeCoの控除等を活用して、税負担は最小限に抑えるつもり。ゆっくりと進めていくので完全撤退するのはまだまだ先の話になりそうだ。それでも不退転の決意で望む所存。

もう、債券アウトとは言わせない!(言われてもないけど)
※繰り返すがGPIF等が債券に投資するのを否定するものではない。目先の取り崩し(年金支払)に備えてリターンを犠牲にしても値動きをマイルドにするのは合理的だと思う



SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)
iDeCoでは引き続き、ニッセイ外国株式とEXE-i新興国へ投資。適「財」適所へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo
業界最低水準のコストを常に目指すeMAIXS SlimシリーズはiDeCoにピッタリ!


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


海外旅行傷害保険も充実のエポスカード。しかもうれしい年会費無料!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム