記事一覧

個人型401kで勤務先が変わった時の手続き

自分はいわゆる非正規雇用の派遣社員だ。
派遣で働いている人ほとんどがいくつかの派遣会社に登録していると思う。
なぜなら、同じ派遣会社で常に案件を紹介してくれるかどうかはわからないからだ。

派遣元(派遣会社)が変わった場合は、当然雇用主が変わるので、個人型確定拠出年金でも
手続きをしないといけない。
※派遣元が同じままで、単に派遣先が変わった場合は特に手続きは必要ない。
(ただし、引き続きブランク無しで厚生年金に加入し続けられる場合のみ)

とりあえず以下のフローですすめた。
1.SBI証券のカスタマーセンターに電話し、変更に必要な書類を請求

2.届いた書類の中から以下のものに自分で書ける項目を記入
・加入者登録事業所変更届
・事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書

3.上記2つの書類を派遣会社の証明書担当部署に送り、事業主の項目を記入・捺印してもらう

4.返送されてきた書類に身分証明書のコピーを加えて、SBI証券に郵送

以上

※契約期間等の条件により、すぐに新派遣元の社会保険に加入できない場合は、
一旦、国民年金に入らないといけないので、SBI証券にその旨を伝え、
第1号加入者用の書類をもらって、年金事務所や市役所へ行き、国民年金加入の手続きをしよう。

(以下、雑感)
新しい派遣会社でも個人型確定拠出年金用の事業所登録は既にしてあったようだ。
ということは、前に個人型401kに加入した派遣社員が既にいたのだろう。
まったく、節税や資産形成をシッカリ考えているタクマシイ派遣社員も結構いるものだと
感心した。メディアなどが報ずる不安定で哀れな派遣社員というイメージに
惑わされてはいけないと思う。失業保険の受取でも優遇されているし、
弱者を装いつつ、使える制度はトコトン使えば、未来はそんなに暗くないだろう。
(※不正受給は論外!あくまでも正規の手続きで資格を満たした場合のみ)

弱者の定義が総資産ではなく、現時点での収入によるものというのがありがたい。
(マイナンバーの導入でどうなるかわからないが…)

派遣会社のサポートデスクも慣れているようで、下手な会社の総務より手際がいい。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
管理手数料無料!業界最多のラインナップ!!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中


楽天証券 確定拠出年金
こちらも管理手数料無料!たわらシリーズに投資するなら

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


海外旅行傷害保険も充実のエポスカード。しかもうれしい年会費無料!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム