記事一覧

台湾桃園空港でSIMを買うなら入国審査前がオススメ

今回の台湾旅行でも中華電信のSIMカードを購入した。お値段は5日間で300元(50元の無料通話付)、リーズナブルだよね。前回は桃園国際空港の到着ロビー出たところで購入した。(参考)台湾なうしかし今回はイミグレ前で売り場を発見し、しかも客がまったくいなかったのでここで買ってみた。こちらもブースは3つあるが中華電信以外は亜大電信、台湾之星などよく知らないキャリアだった。(台湾の大手キャリアは中華電信、台湾大哥...

続きを読む

帰国後に海外旅行傷害保険を使ってみた

タイ旅行で体調を崩したので、帰国後に海外旅行傷害保険を使って病院に行ってみたよ。利用したのはエポスカードの自動付帯保険だ。手順を紹介したい。※上記のリンクから申し込むと通常特典の2000ポイントに加えて、さらに500ポイントもらえます1.まずは病院に行く前にエポスカード海外旅行保険事故受付センターに電話0120-11-0101帰国後72時間以内に受診開始すれば、海外旅行に起因する疾病・傷害なら国内の治療も補償されるとの...

続きを読む

ドンムアン空港で見かけた謎の格安SIM

ドンムアン空港到着ロビーを出て、true moveの正規カウンターを越え一番左側まで行ったところにSIMカード売り場があった。true moveのSIMではあるが、正規店(直営店)ではないようだ。見ると正規カウンターより100バーツも安い(ただしcreditは30バーツ分だが)(参考)旅行者ならtrue moveのツーリストSIMで十分でもよく見ると、Social 4Gと書かれている。そしていくつかのSNSサービスのロゴも。もしかしてfacebookやlineなどSNS...

続きを読む

true moveのSIMなら一日15バーツで延長できるよ

タイ旅行でいつも使っている現地SIMはtrue moveだ。特に問題はなく、今のところ愛用している。(参考)旅行者ならtrue moveのツーリストSIMで十分ただ料金プランに関しては7日間299バーツ(一日42.7バーツ)に対し、10日間450バーツ(一日45バーツ)と割高。しかも付帯するcredit(通話料などに充当)はどちらも同じ100バーツ分。ちょっと迷ったが、いつもと同じ7日間プランにした。今回の滞在は9日間。利用開始日はカウントさ...

続きを読む

タイのATMでリクルートカードVISAを使ってキャッシングしてみた

タイのATMで現金を引き出すと200バーツの手数料を取られるのは有名な話。でもクレジットカードのキャッシングだと貸金業法により法定利息以上の手数料を請求することはできないらしいので、現地ATM手数料は取られないという情報もある。(参考)クレジットカードによる海外キャッシングに関する諸考察ちなみに「手数料」いうのは以下の二種類がある。海外ATM手数料(クレカ会社が請求):1万円未満108円、1万円以上216円。リクル...

続きを読む

Ad

スポンサーリンク

プロフィール

snufkin

Author:snufkin
人生、派遣ときどき無職。
40代前半のしがない派遣社員。
40までに資産3000万が目標→達成

取材・仕事のご依頼はメールフォームからお気軽に

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

オススメ


SBI証券(個人型401K)
ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

ひふみ投信
ひふみ投信
日本株投信の双璧。アクティブファンド屈指のローコストとハイパフォーマンス。

マネックス証券
マネックス証券
2017年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


リクルートITスタッフィング
リクルートスタッフィング運営。IT・エンジニアで短期集中で稼げる!

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム