記事一覧

続続続続続VYMが絶好調

あれから何度も何度もバーゲンセールがあったものの米国株はその度に這い上がり、何事もなかったかのようにS&P500もシレッと最高値更新。筋肉の超回復かよ!(笑) 暴落は筋トレですか…
(参考)続続続続VYMが絶好調

もちろんVYMの進撃も止まらない。


WS000330.jpg
VYMを買い始めたのは2015年7月。もう4年以上の付き合いだ。その間、「高配当」の名に恥じず、分配金ももらってきた。途中何度かの危機(暴落)を乗り越えながらも株価は着実に上昇。

正直、途中で新規の高配当株ETFも気にはなったけど、これ以上銘柄数を増やすのも面倒なのでVYM一本を貫いてきた。特に不満もないのでこのままでいいかな。もちろんNISAでロールオーバーするつもり♪

値動きが比較的緩やかで、心の師匠kaoru女史が今月の指値価格を発表してくれるのもあるけどね。
(参考)人気の海外ETF 今月の指値価格


さて、S&P500と比較してみよう。

2018年2月からの騰落率
VYM: +10.24%(82.00→90.40)
VOO: +19.66%(235.00→281.20)
(参考)株数追加 VYM
(参考)株数追加 VOO

分配金があるので単純計算はできないが、VYMは年利約5%、S&P500に至っては年利約10%という驚異的なパフォーマンス。もちろん都合のいい時期を切り取っているので鵜呑みにしてはいけない(笑)

だが、暴落時に積極的に買いに向かえば、リターンがあるのも事実。買った後は放っておけばよい。米国株投資の古典、『株式投資の未来』の著者であるシーゲル教授の教え通り、もうS&P500をガチホでいいよ。



米ドルの配当も徐々に貯まってきているので、早く再投資したいところだがこの地合では躊躇してしまう。

ヤッパリ押し目待ちに押し目なし

でも長期投資では高値掴みでも後から見れば全然安かったというのもよくある話。指値ができると邪念が生まれるので、機会損失も防げる毎月定額の積立インデックス投資が最適解か!?




たぱぞうさんが言うように投資は米国株のインデックスファンドでいい気がしてきた…

マネックス証券
・新規口座開設で20日間手数料キャッシュバック
・NISA口座でも買付手数料キャッシュバック
・注文有効期間が最大90日でチャンスを逃さない!
・待機資金も米ドルMMFでムダなく運用
・安心の特定口座対応

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プライオリティおじさん(プラお)

Author:プライオリティおじさん(プラお)
たまに単発で働くニートラベラーです。ほぼ毎月のように旅に出ています。インデックスファンドと米国株でアーリーリタイアを達成! 小銭稼ぎや格安旅行術も紹介。プライオリティパス大好き。

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

スポンサーリンク

オススメ


SBI証券 iDeCo
管理手数料(SBI証券受取分)無料!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

LINE証券
LINE証券
口座開設で1,000円+最大3株プレゼントのキャンペーン実施中!

マネックス証券
マネックス証券
2019年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


D STYLE WEB
高額報酬の会場調査が豊富なアンケートサイト!私も愛用してます(笑)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ村

面白かったらバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: