記事一覧

米国株配当 2020年第2四半期 (2Q 2020)

今年もはや第2四半期が終了。というわけで恒例の四半期ごとの米国株配当を発表。

WS000569.jpg

2020年配当合計:343.13USD(37,024円)
配当累計:2224.76USD
※1USD=107.9JPY (マネックス証券TTS: 2020/07/08現在)
(参考)米国株配当 2020年第1四半期 (1Q 2020)

前四半期からの増加額:21.17USD
前四半期からの増加率:13.15% ※21.17/160.98×100
増配達成

前四半期での連続増配記録ストップの衝撃から立ち直り、配当金は大幅に増加。と喜びたいところだが、純粋な増配はごく僅かで(JNJなどはあるけど)、大半は買い増しによる株数が増えたためである。

しかも買った銘柄はVYM、VOOなどのETFがほとんど。かつては「スナフキンズイレブン」と称し、米国高配当株投資にのめり込んだこともあるけど、結果はS&P500に惨敗という惨憺たるもの。。。

10銘柄程度の分散では一つでも大ハズレ(GEとかGEとか)あると、インデックスに勝てないね。


また、株価だけでなく配当金にも及ぼすコロナショックの影響が顕在化するのはむしろこれからだと思っている。正直、ここ数年は米国株のボーナスステージだったかもしれない(まだ未確定だが)

想定されるのは…減配、無配転落、株価の下落などなど

投資関連でポジショントークをするつもりはサラサラないので(自分の投資手法が絶対に正しいとも思っていない)、セキララに「不都合な真実」も余すところなく開示していく。なにがしかの参考になれば幸い。


というわけで米国個別株投資も恥も外聞もなくヘタレモードに移行(もはや個別株でもなんでもないな)

配当金が増えても、株価が下落したら本末転倒。所詮、自分程度の弱小投資家はインデックス投資が好適。心の師匠kaoru女史の言いつけどおりにETFをシコシコ買っているくらいが身の丈に合ってるのかもしれない。
(参考)人気の海外ETF 今月の指値価格

ベストよりベターを選びたいんだ。

Better is Better than Best.


セミリタイア目標(4,000USD)まで
進捗率:17.16% (343.13 *2/4000)
※ここでいう「セミリタイア」は米国株の配当を家計の足しにするという意味




常勝より不敗の資産運用。投資本を読むならまずは語り継がれている古典を…

↓2020年もNISAで米国株買付手数料も実質無料! 最低手数料撤廃‼
マネックス証券

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プライオリティおじさん(プラお)

Author:プライオリティおじさん(プラお)
たまに単発で働くニートラベラーです。ほぼ毎月のように旅に出ています。インデックスファンドと米国株でアーリーリタイアを達成! 小銭稼ぎや格安旅行術も紹介。プライオリティパス大好き。

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

スポンサーリンク

オススメ


SBI証券 iDeCo
管理手数料(SBI証券受取分)無料!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

LINE証券
LINE証券
口座開設で1,000円+最大3株プレゼントのキャンペーン実施中!

マネックス証券
マネックス証券
2019年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


D STYLE WEB
高額報酬の会場調査が豊富なアンケートサイト!私も愛用してます(笑)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ村

面白かったらバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

検索フォーム