記事一覧

エアアジアは片道ずつで予約しよう!

airbus-a320.png
[2019/7/20更新]未だに検索流入が多いので最新の情報に更新しました。

海外航空券を発券する場合、往復で買う人も多いとは思うが、まずは以下の画面の見比べてほしい。

(往復で予約した場合の「復路:バンコク発成田着」)


WS000264.jpg


(片道で予約した場合の「バンコク発成田着」)


WS000265.jpg



どちらもエアアジアの公式サイトで検索した同じ便なのだが、その差なんと2,446円

海外発の場合は現地通貨建をリアルタイムで円換算するっぽいので、円高傾向の今、差額が出るのは致し方ないが、それにしてもこの差はデカすぎる!(多分、往復で買う場合の復路の金額は日本円で固定なのだろう)

さらにLCCではおなじみのクレジットカード決済手数料は、日本発だと片道800円、往復だと1,600円
(本来は加盟店手数料を利用者に負担させるのは規約違反なのだが、この業界ではまかり通っている)


対して、タイ発片道の場合は588円。片道ずつ買えば、復路の手数料212円ほどは浮く計算。

WS000267.jpg

はい、どう見ても日本人価格です。本当に(ry まぁ、これくらいの金額なら目くじらを立てずに先進国税だと思って払ってもいいのだが、受けるサービスは全く同じなのに、料金が違うというのもなぁ…。

ちなみに往復で買った方が安い場合もあるので、必ず両方を比較するべし!


エアアジアの公式サイトで買うならマストアイテム。Trip.comグローバルカード!


とまぁ、クレジットカードの決済手数料は高いのだが、それを劇的に安くする方法がひとつだけある。

それが銀聯カード(Union Pay)で払うこと。

中国のカード会社なのであまり馴染みはないかもしれないが、日本や諸外国でも加盟店が増えており、国際ブランドに近い存在になりつつある。日本でもいくつかのクレジットカード会社で発行することができる。

その中でもイチオシなのが、Trip.comグローバルカードだ。新規発行手数料、年会費も永年無料!
※更新時(原則5年)に発行手数料が1,000円(税抜)かかるが、発行元の三井住友カードでは2019年10月更新分から無料になるので、こちらも無料になると思われる。

ここでその効果の程を見てもらいたい。

(通常のクレジットカードで決済)
WS000248.jpg

(Trip.comグローバルカードで決済)
WS000249.jpg

なんと往復でも150円ポッキリ! エアアジアのヘビーユーザーなら作っておいて損はない。


スカイスキャナーやTrip.comも要チェック


「エアアジアの公式サイトで安く買う方法もわかった。じゃあ予約…」と、その前にちょっと待った! 特にセールの時は公式サイトが一番安いと思われがちだが、なんとそれよりも安い場合もあるのだ。

まずはスカイスキャナーで検索してみよう。上記と全く同じ日程で検索してみるとTrip.comがエアアジアの公式サイトより安いことがわかる(Trip.comは決済手数料不要なのでこれが最終価格!)

WS000269.jpg

スカイスキャナーの画面からそのまま予約もできるが、さらにひと手間かけるべし。


WS000268.jpg
Trip.comのサイトで検索してみると、さらに安い航空券を発見!

スカイスキャナーの検索結果は必ずしもそのサイトで一番安い価格ではないようだ。逆にサイトよりも安い場合もあるので、こちらも両方チェックしよう。うーん、奥が深すぎ!


まとめ


1 .まずはスカイスキャナーで検索

2. 検索結果に出てきたサイト(航空会社の公式サイトや予約サイト)から再度検索

3. スカイスキャナー経由と各サイトを比較して、どちらか安い方で予約

4. エアアジアの公式サイトから予約する場合はTrip.comグローバルカードで決済



スカイスキャナー
ホテルを予約する前にまずは安いチケットを探そう!目的地未定でもとりあえず安いチケットを探すのもアリ!?

Booking.com
イチオシのホテル予約サイト。ここから予約すると2,000円貰えます(一人一回、4,000円以上の予約で)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


LCCのお供にプライオリティパスは最適です。こちらもよかったら読んでみてください。

LCCとプライオリティパスの相性が最高な件について ~4つの理由~
関連記事

Ad

コメント

No title

へえ、そうなんですか。
でも航空券ってそもそも片道だと大前提からしてかなり割高なはずなんですが、LCCの世界では違うのかな。
現地でSIMフリースマホをもっていれば航空券の予約もいつでもできるから、帰る日を決めない気楽な旅も可能ですね、90日はパスポートの問題でさすがに超えられないだろうけど。

Re: No title

そうなんですよ。LCCの場合は往復と言っても、実際は片道ずつを同時に買うようなもんですから。
LCCで航空券もかなり安いですから、90日超えそうなら一回出国して戻ってくるのもしやすくなりました。
SIMフリースマホと言い、いい時代になったものです。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プライオリティおじさん(プラお)

Author:プライオリティおじさん(プラお)
たまに単発で働くニートラベラーです。ほぼ毎月のように旅に出ています。インデックスファンドと米国株でアーリーリタイアを達成! 小銭稼ぎや格安旅行術も紹介。プライオリティパス大好き。

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

スポンサーリンク

オススメ


SBI証券 iDeCo
管理手数料(SBI証券受取分)無料!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

LINE証券
LINE証券
口座開設で1,000円+最大3株プレゼントのキャンペーン実施中!

マネックス証券
マネックス証券
2019年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


D STYLE WEB
高額報酬の会場調査が豊富なアンケートサイト!私も愛用してます(笑)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ村

面白かったらバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: