記事一覧

会社が半分払ってくれるという「幻想」

よく国民年金よりも厚生年金の方が得だという人がいる。

国民年金の保険料は全額自己負担だが厚生年金は会社が半分出してくれるから、というわけだ。
※正確に言えば、国民年金も半分は「国費(税金)」負担なんだけどね。だから未納より免除が断然お得!

いや、ちょっと待ってほしい。

それは、本来「給与」としてもらえるはずだったお金だ。
※会社にとってはどちらも同じ「人件費」。社会保険料の会社負担分も考慮して「給与」を設定しているわけで…

もらえる額が国民年金より多いからと言って、会社負担分を含めた「コスト」を考えた場合、損になりそうだということは僕でもウスウスは気づいていた。だが以下の本を読んでみると、改めてその実態に愕然とした…。



特に以下のコラムが興味深かった。

・国民年金は有利な金融商品
・サラリーマンは惜しみなく奪われる
・国家の罠

詳細は省くが、会社負担分を含めた総保険料では、厚生年金の利回りは53歳以下のサラリーマンでマイナスになるというものだ。しかも「取りやすいところから取る」論理で行くと、さらに悪化することはあっても改善することはないだろう。
(参考)厚生年金は元本割れ? 国民年金のほうが有利?


と、頭ではわかっていても、この「罠」の悪辣巧妙なところは、
社畜サラリーマンである限り、強制的に天引きされるのでどうすることもできないということだ\(^o^)/
※国民年金は損するとわかってしまったら、「未納」で逃げられてしまうので改悪しにくい

せめてもの抵抗として、無職期間(派遣での社会保険未加入期間を含む)はシッカリと国民年金と付加年金に入り、個人型401kを増額。そして、国民年金の旨み(厚生年金からの赤字補てん)と節税効果で取り返したい。
(参考)国民年金の納付書が届いたので払ってきた



労働者から資本家になりたいもう一つの理由としては「税金や社会保険料の給与天引き」地獄から逃れたいためでもある。自分で創意工夫して(もちろん合法で!脱税はダメよw)、納得した金額を気持ちよく払いたい。



SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)
運用成績次第でプラスにもマイナスにもなるが、少なくとも他人の赤字の「補てん」にはされない。しかも全額所得控除対象!

↓更新の励みになるので、面白かったら投票(クリック)お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プライオリティおじさん(プラお)

Author:プライオリティおじさん(プラお)
たまに単発で働くニートラベラーです。ほぼ毎月のように旅に出ています。インデックスファンドと米国株でアーリーリタイアを達成! 小銭稼ぎや格安旅行術も紹介。プライオリティパス大好き。

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

スポンサーリンク

オススメ


SBI証券 iDeCo
管理手数料(SBI証券受取分)無料!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

LINE証券
LINE証券
口座開設で1,000円+最大3株プレゼントのキャンペーン実施中!

マネックス証券
マネックス証券
2019年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


D STYLE WEB
高額報酬の会場調査が豊富なアンケートサイト!私も愛用してます(笑)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ村

面白かったらバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: