記事一覧

配当所得の申告あれこれ R2年度版

PAK85_kakuteishinkokupen20140312231341_TP_V4.jpg
[2021/2/12更新]最新の情報に更新

ここ数年は年末調整&20万以下申告不要で済ませており、今年は久々に確定申告をした。

配当所得の申告が面倒なので将来の自分のために備忘録としてまとめてみた。
※内容に誤りがあるかもしれないので確定申告の際にはご自分で税務署や税理士にご確認ください。また当方は税理士ではないため税務上の質問には答えられません(笑)

まずは上場株式配当等の支払通知書SPDR S&P500 ETF 分配金計算書の金額(配当等の金額、源泉徴収税額)を過去の自分の記事を参考にフォーム(haitou_form)に入力していく。
(参考)外国株式の配当所得

日本株(1306など日本株に投資するETF含む):配当控除適用
外国株(1557など東証に重複上場する外国籍ETF含む):配当控除適用外、外国税額控除適用
外国株に投資する日本籍投資信託(1550などETF含む):配当控除適用外、外国税額控除適用

尚、1550等一部の国内籍公募投資信託やETFは2020年より分配時に外国税額控除が適用されることになった。つまり、分配金受取時の源泉所得税から外国税額分が控除され、受け取る分配金が増えている。
(参考)公募投資信託等における 外国税額控除の制度改正

ちなみに1550の分配金も申告しようとしたが、逆に還付金が減る計算となったので、申告せずに源泉徴収で済ませることにした(笑) 配当ごとに確定申告不要制度を選択できるからね。
(参考)2.確定申告不要制度

WS000755.jpg
フォームにも今年から(10)通知外国税相当額なる欄が増えている。これは1550等分配時に外国税額控除が適用される投信の場合のみ記入する。

WS000756.jpg
米国個別株はもちろん、1557やVOO等のETFの場合も入力不要なので要注意(入力するとエラーとなる)
っていうかなんの説明もないし、ややこしすぎるよ…

【来年の自分用備忘録】1550の分配金は申告するな!
分配時に適用される外国税額控除は分配金の源泉所得税から直接控除してくれるが、確定申告時の外国税額控除は他の国内所得から控除されるためと思われる。所得がなければ当然戻ってこない。


米国個別株等の配当は従来どおり、外国税額控除も申告する必要がある(楽できると思ったのに…)
※1550等の分配金で(10)通知外国税相当額を入力済みの場合は不要

WS000017_20180208155326755.jpg
上は米国株の配当(特定口座分)、下は1557の分配金。どちらも大したことはない。


WS000018_201802081553273c5.jpg
他に国外所得はないのでこんなもん。正しく申告するから配当以外の国外所得も欲しいものよのう。



ところで今年は住民税の申告もしてみるつもりだ。配当所得は
所得税:総合課税
住民税:申告しない(源泉分離課税)

が自分にとっては最適解だな。住民税分の5%は戻ってこないけど、申告しちゃうと国保で10%以上取られてしまうからね(国保の保険料計算では基礎控除しか適用されない)




税金がゼロなのは嬉しいけどちゃんと払うから今年もIPOや立会外分売等でバリバリ儲けたいものだ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プライオリティおじさん(プラお)

Author:プライオリティおじさん(プラお)
たまに単発で働くニートラベラーです。ほぼ毎月のように旅に出ています。インデックスファンドと米国株でアーリーリタイアを達成! 小銭稼ぎや格安旅行術も紹介。プライオリティパス大好き。

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

スポンサーリンク

オススメ


SBI証券 iDeCo
管理手数料(SBI証券受取分)無料!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

LINE証券
LINE証券
口座開設で1,000円+最大3株プレゼントのキャンペーン実施中!

マネックス証券
マネックス証券
2019年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


D STYLE WEB
高額報酬の会場調査が豊富なアンケートサイト!私も愛用してます(笑)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ村

面白かったらバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: