記事一覧

LCCとプライオリティパスの相性が最高な件について ~4つの理由~

restaurant-airport-meal-lounge.jpg
[2019/8/28更新]訪問回数を更新

プライオリティパスを取得して、ラウンジライフを満喫しているプライオリティおじさんです。こんにちは。

既に台湾5回、タイ15回、マレーシア23回、中国3回、ベトナム1回、香港2回の計49回もラウンジを堪能させていただいた(2019/8現在) 初年度の利用回数は49回でした。惜しくも50回に届かず(笑)
(参考)プライオリティおじさん、ペナンへ行く
(参考)プライオリティおじさん、日本へ帰る

IMG_20190828_101849.jpg
↑1年分のレシートの束。誤請求(人数間違い)を防ぐために必ずもらっています。


空港ラウンジと言えば、JGCやSFCなどの上級会員(またはCクラス以上の搭乗)の特権と思われがちだが、プライオリティパスがあればアライアンスや座席クラス関係なく利用できる。たとえLCCだとしても。
※上級会員でも同じアライアンス(SFCならANAの他にエバー航空とかね)に搭乗しなければラウンジを利用することはできない

IMG_pzmwqa.jpg
さすがに航空会社のラウンジに比べるとクオリティは落ちるかもしれないが、自分にはこれで十二分。ネットに繋げて、ビールやつまみ程度の軽食を楽しめればあまり文句は言わないほう。足るを知る。

「まだ人生を楽しみたいからな。欲はかかないことにしてるんだ」
(橘玲著「タックスヘイブン」の主人公古波蔵のセリフより)



そして、自分の場合はラウンジ巡りが旅の主な目的と化している。ほぼ毎月海外に行くので、海外旅行が特別なことじゃなくなっているのも理由の一つ。そこで高頻度で渡航するために欠かせないのがLCC。

ただ、機内は狭く、時間帯は不便、そして機内食が出ないなど安いなりのデメリットは多い。でもそれを補ってくれ、さらに苦痛な移動をも楽しみに変えてくれるのがプライオリティパス。その理由を挙げてみよう。


搭乗前にお腹を満たしてしまう


LCCでは基本的に機内食出ないので(別料金)、乗る前に食う、みたいな。ゆったりと落ち着いて食べられるし、さすがに機内食に比べると美味しい。空港のレストランは総じて高いので貧乏旅行にもありがたい。

機内では水も有料なのでラウンジからペットボトルの水を持ち出す人もいるとか…(LCCへの持ち込み厳禁!)


シャワーを浴びて、酒を飲んで後は寝るだけの状態で搭乗すればもうカンペキ!?

深夜便では機内食の配給で起こされないのも考えようによってはLCCのメリット!


経由地を補給港として利用させてもらう


直行便よりも時間が掛かるので今まで敬遠していた経由便。だがラウンジに入れる今となってはむしろ積極的に狙っている。ラウンジ目当てで旅程を組むみたいな。それに経由すると航空券が安くなる場合も多い。

スカイスキャナーで片道航空券を検索し、お宝周遊ルートを発掘するのが最近の楽しみ(笑)
(参考)LCCで行くアジア周遊の旅 ~6都市物語~

経由地として狙い目なのはズバリ、台湾!

バニラエアなどのLCC激戦区でセールも頻繁に行われている。安ければ6,000円台で出国できる。基本的に日本から出る航空券が一番高いので、とりあえず安いチケットを見つけたら押さえてしまうのも手。

台湾からはアジア各国への便も多いので、その先はゆっくりと格安チケットを探していこう。


今後は台湾を「通路」として利用させてもらうつもり。また地理的にも絶妙なロケーションなんだよね。台湾からならアジア全域がほぼ数時間で行けてしまう。まさに東南アジア進出の橋頭堡。

そして何より重要なのが台北桃園国際空港にはプラザプレミアムラウンジがあること!


特別秀でたところはないが、安定したクオリティで定評がある。個人的にはここの牛肉麺が好き。

台湾を中継点にすれば、直行便よりもトータルの所要時間が長くなるが、一回のフライトは短くなる。おじさんなのでもう長時間のフライトは体にキツいのよ。狭いLCCなら尚更よな…。


早朝・深夜便でも強い味方!


LCCでは時間帯が朝早かったり、逆に夜遅かったりするので空港や街なかのレストランが閉まっていることも多い。国際空港では24時間開いているラウンジも多く、軽くお腹を満たすのにも大活躍。


バジェットトラベラーの強い味方、ドンムアン空港の近くには徒歩圏内でゲストハウスも多い。早朝発の便に乗る時は前泊して、ラウンジで優雅に朝食を取るのもいいよね。


到着時に使えるラウンジもある ~空港泊もできちゃう!?~


航空会社のラウンジは自社便の搭乗ゲート近くにあることが多く、当然そこは制限エリア内。そのため基本的には出発時にしか利用できないが、プライオリティパスのラウンジのいくつかは制限エリア外にもある。

つまり、到着時にも利用できる!

さっさと空港を出て目的地には行かず、ラウンジでダラダラすることもしばしば…。酒を飲みながら、ネットを見たり、ブログを書いたり、要するに家で普段やってることと何ら変わらない。

それでも旅先だと新鮮でワクワクする。もはや移動をも楽しんでしまう。まさにphaさんの「移動時間が好きだ」の世界。目的地とは名目上のものに過ぎず、その過程を楽しむみたいな。人生に通じるところがあるね。



また、深夜便で到着後にシャワーが浴びられるのは本当にありがたい。



さらに香港国際空港にあるプラザプレミアムラウンジの一つは制限エリア外にあり、しかも24時間営業!

という訳で深夜便で到着後、始発のバスまで夜明かしさせていただいた。時間制限は厳密だけど、再度受付すれば延長させてもらえた。正直熟睡はできないけど、空港のベンチで寝るよりかははるかにマシだと思う。


機内食が残念なレガシーキャリアでも…


PPの恩恵はLCCだけにとどまらない! レガシーキャリア(FSCとも言う)では短距離でも基本的に機内食が提供されるのだが、中国系航空会社のそれはあまり評判がよろしくない。日本発の便はまだマシなんだけど…


海外発の便では開けた瞬間に「ゴメンナサイ」したくなることも(笑) だが、物は考えようだ。

日本発の便はPPラウンジは残念だけど、機内食はよい
海外発の便はPPラウンジはいいけど、機内食が残念


見事に補い合っているではないか! 機内食があまり期待できない場合は事前にラウンジで食べておけばよい。


ここまでフル活用すると楽天プレミアムこ〇きと言われても仕方がない。これからも節度を持って利用させていただく。新しい使い方やメリットが見つかったら随時追記していきたい。




年会費10,800円でプライオリティパスが無料付帯! しかも回数無制限のプレステージ会員相当!!

スカイスキャナー
アッと驚く掘り出し物航空券が見つかることも!? 経由便どんと来い!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
関連記事

Ad

コメント

No title

15回利用とは、すばらしいですね。
当方は、5回でした。
CGK, KUL, MNL, NRT, SIN です。
ご存知の通り、成田第二には、制限エリアに無い。
せこい日本です。 he he
今後とも、情報を発信ください。




Re: No title

シンガポールのラウンジにはぜひ一度行ってみたいと思ってます。羨ましいです。

日本国内のPPラウンジはだいぶ残念ですよね。羽田に至ってはないですから…。

主に帰りの便でしか使えませんが、帰りも少し楽しくなるのが利点でしょうか。

こんなに使い倒して、楽天にマークされないか心配しております(笑)

No title

何せ、発行枚数が多いと思いますから、
使わない人も多数いると思います。
楽天カード、トータルでは、損してないでしょうね?
空港への荷物、2回分無料も、バッチリ利用してます。

初めてコメントします。

旅行関連の記事、アーリーリタイアの記事、大変参考になります。
私もプライオリティパスほしくなり、もうすぐ無職になるので駆け込みでパスが無料のクレカを申し込みました。

Re: No title

昨年末に切り替えバラマキキャンペーンやりましたからかなり増えているでしょうね。
某掲示板でもとりあえずPPをもらったけど使う予定はないという人も多そうです。


ただ彼らは年会費も3年間払ってないですから、今後はどうなるかわからないですよね。
なるべく楽天とは共存共栄したいところです。

Re: 初めてコメントします。

在職中にクレカは発行しておいたほうがいいですよね。
海外キャッシングするならセディナカードもオススメです。

PPは一度持つと手放せなくなります(笑)

コメントありがとうございます!

No title

こんにちは。PP+LCC 組み合わせ最高ですね。
私も4月の退職以来毎月の海外でデリー、パリ、アブダビ、ドンムアン、ダナンのラウンジでPP使いました。あと成田の柿ピーラウンジ。
節約旅行しているとラウンジ飯が旅行中のBEST食になってしまいます。

Re: No title

そうですね。ラウンジ飯が一番良かったりします(笑)
その土地の名物も楽しめたりしますしね。デリーとアブダビのラウンジは興味あります。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プライオリティおじさん(プラお)

Author:プライオリティおじさん(プラお)
普段は月9日ほど働く仮面社畜です。ほぼ毎月のように海外に行ってます。インデックスファンドと米国株でアーリーリタイア目指します。 小銭稼ぎや格安旅行術も紹介。プライオリティパス大好き。

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

ブログ村

面白かったらバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

オススメ


SBI証券 iDeCo
管理手数料(SBI証券受取分)無料!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

マネックス証券 iDeCo
マネックス証券 iDeCo
業界最低水準のコストを常に目指すeMAIXS SlimシリーズはiDeCoにピッタリ!

マネックス証券
マネックス証券
2019年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


D STYLE WEB
高額報酬の会場調査が豊富なアンケートサイト!私も愛用してます(笑)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。