記事一覧

ニートの川流れベトナム編 ~atomさんとハロン湾日帰りツアーに参加してみた~

ハロン湾ツアーに興味がないと言っていたプライオリティおじさんですが、毎日のようにファラン達がハロン湾ツアーに行く様を見ると行ってみたくなりました。自分も海外ノマド(自称)としてはまだまだです…。

atomさんを誘ってみたら快諾。というわけでまずはゲストハウスの受付で値段を聞いてみました。

「2つのオプションがあり、1つは79ドルで~」と長々と説明しだしたので、安い方を教えてくれと迫りました。すると「40ドルだけどオススメはしない。クルーズも含まれていない」とのたまいやがります。

40ドルでも市内の旅行代理店より高いので断りました。

結局、代理店を数店まわって、愛想のいい女の子が店員の店で手配してもらいました。もちろん、クルーズ、食事、バンブーボート(またはカヤック)付きです。つまりゲストハウスの受付は明らかにウソw

ハロン湾に行ったことのある菜津さんに後で聞いてみたら、普通は込みですよ、ハロン湾でクルーズしなかったら何するんですか?(笑)と爆笑されました。

よく考えたら、それじゃツアーじゃなくて、ただの路線バスやん!

ベトナムは食べ物が美味しいなどいいところもたくさんあるのですが、とりあえず外国人を見たらふっかけてくる、騙すなどがデフォルトなのでいちいち交渉するやり取りが面倒ですね。常に臨戦態勢😇


ハロン湾ツアーへ出発!


出かける前から疲れてしまったおじさんですが、ハロン湾への道中でもさらに疲れました。ほぼ時間どおりに迎えに来てくれたのはいいのですが、なぜかバスはなくそのまま違う代理店のオフィスに連れて行かれます。

しばしここで待てとのこと。結局40分以上待って、ようやくバスが現れました。乗った後もいくつかのホテルで客をピックアップし、結局ハノイ市街を出たのは集合から1時間後でした。しかも満席、格安ツアーの宿命。

そして、そこから高速や下道を走ること約4時間。やっとハロン湾に到着。


IMG_20190421_135800.jpg
クルーズ船(というにはショボいけど…)に乗ると、早速食事が配られます。値段が値段なので期待はしてなかったですが、まぁまぁじゃないですか。ちなみに最初は自分たちの席だけ明らかに人が多かったので…

atomさんがガイドに「こんなんじゃ狭くて食べられない!」とクレームし、人数を分けてもらいました。フィリピンでは英語力だけでなく主張するマインドも養ってきたそうです。海外では大事ですね。

IMG_20190421_140147.jpg
今度は逆に自分たちの席だけ人数が少なくなりました(笑) そして相席のフランス人カップルは、ベトナム料理が苦手らしくあまり手を付けません。席も食事も余裕ができたところでビール(別売り)で乾杯。

それもつかの間、今度は自分たちの席には海老が一向にきません。

IMG_20190421_140612.jpg
ガイドに言うとあれは別売りだと言うじゃないですか。明らかにウソです(笑) 席はランダムなのだから事前に誰が何を頼んだかわかるはずがありません。ちなみにこの場で現金のやり取りもありません。

すると向かい側の台湾人グループが「私達は食べないから(実際全く手を付けてない)」と海老を丸々くれました。そして今度は後ろの席のスペイン人から「あなた達はこのツアーにいくら払ったの?」と聞かれます。

よく見ると後ろの席にも海老がありません。なので少し分けてあげました。


世界遺産「ハロン湾」で奇岩クルーズ


IMG_20190421_142145.jpg
お腹を満たしたら、デッキに出て美しい風景を観賞。そびえたつ岩山は3月に行った桂林を彷彿とさせます。

IMG_20190421_143041.jpg
やがて船着き場に到着。ここでバンブーボートに乗り換えます。ツアーではこの料金も込みなのですが、直接受付で支払わなければならず、ガイドから一人4万ドンを貰って自分たちで買いました。なんか非効率やね…。

IMG_20190421_144212.jpg
洞窟に入ったり、なかなか迫力ある景色を楽しめました。


お次はこのツアーのハイライト、鍾乳洞です。桂林で見たばかりなので大して期待してませんですが、想像以上に美しかったです。ライトアップされて荘厳な雰囲気。おじさんはここが一番気に入りました。


IMG_20190421_154322.jpg
そして締めは「闘鶏岩」。ハロン湾の奇岩と言えばこのイメージ。もちろん人気で船が順番待ちしてました。

値段の割には十分楽しめました。atomさんも来てよかったと言ってくれて、誘った方としては嬉しかったです。


船から降りたらバスに乗り込み、ハノイへと戻ります。行きとほぼ同じく帰りも約3時間半の道程。


ターヒエン通りにて25円のビアホイで慰労会


激安ツアーなのでホテルまでは送ってくれません(笑) ホエンキム湖近くで全員降ろされました。

雨も止んでおり、お腹も空いたので夜ご飯を求め、ターヒエン通りに行くことにしました。

IMG_20190421_213530.jpg IMG_20190421_213413.jpg
いや~、やっぱりこの熱気はイイよね。いるだけでワクワクします。吞兵衛なら一度は行くべし‼

ちょっと歩くとよさげな海鮮料理屋を発見。ビアホイ5,000ドン(25円)と書かれてるじゃないですか!

メニューも見せてもらうと料理も安い。これは飲むしかない、この(ry


空心菜も過去最安値(2019年4月現在、プライオリティおじさん調べ)でしかも山盛り。フライに至ってはメニューの写真よりもボリューミー。もちろんどちらもアロイ。家の近くにマジ欲しいわ。

ほろ酔い気分でatomさんと談笑していると、後ろから日本語で話しかけられます。かなり日焼けしていて現地の人かと思ったら、日本人の女性でした。シンガポール人のご主人と旅行中だそうです。

「この店は安くてどれもおいしい。二回も来ちゃった!」とご満悦のようで、「よかったらこれ食べて」と海老のグリルをいただきました。こういう出会いが楽しいですね。そして店選びに間違いがなかったことに感謝。

海老に始まり、海老に終わる一日でした。

強行軍の疲れとビールで、宿に戻ってシャワーを浴びたらベッドに轟沈。

時間とお金に余裕があれば一泊二日のツアーに参加することをオススメします!



スカイスキャナー
ホテルを予約する前にまずは安いチケットを探そう!目的地未定でもとりあえず安いチケットを探すのもアリ!?

Booking.com
イチオシのホテル予約サイト。ここから予約すると2,000円貰えます(一人一回、4,000円以上の予約で)
関連記事

Ad

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プライオリティおじさん(プラお)

Author:プライオリティおじさん(プラお)
たまに単発で働くニートラベラーです。ほぼ毎月のように旅に出ています。インデックスファンドと米国株でアーリーリタイアを達成! 小銭稼ぎや格安旅行術も紹介。プライオリティパス大好き。

【メディア掲載履歴】
・BIG tomorrow 2016年11月号
・BIG tomorrow 2017年3月号
・週刊東洋経済 2017年3/11号

スポンサーリンク

オススメ


SBI証券 iDeCo
管理手数料(SBI証券受取分)無料!ニッセイ外国株とEXE-i新興国に積立中

LINE証券
LINE証券
口座開設で1,000円+最大3株プレゼントのキャンペーン実施中!

マネックス証券
マネックス証券
2019年もNISA口座で米国株購入手数料無料!配当金も米ドルMMFで無駄なく運用


D STYLE WEB
高額報酬の会場調査が豊富なアンケートサイト!私も愛用してます(笑)

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ村

面白かったらバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: